<< Lumiere at DOOR bookstore | main | 国立caikot/お店をつくる 1 >>
2016.02.22 Monday

Lumiere


松江 DOOR BOOKSTOREでの展示が終了しました。
初めての土地にも関わらず、たくさんの方にご来場いただき感謝の気持ちでいっぱいです。

SmiLe安部恵子さん、Float牧野秀美さん、夜長茶廊の石亀夫妻、DOORの高橋香苗さん、
それぞれの作り上げたモノや空間が調和して、Lumiereという一つの場になりました。
ここでの忘れられない光や、毎日のように話したこと、何度も確かめるような記憶が増えていって、caikotにとってとても大切な1週間となりました。


--------------------


今回の展示にむけて欧州で買い付けをしているとき、あのパリでのテロ事件がおきました。
数日前にフランスは出国していたものの、すぐそばで戦争がおきているような恐ろしさとたくさんの方の命が奪われてしまった悲しさ、そして緊張感の中で過ごすこととなりました。
消化できない気持ちを抱えたままオランダの町でたどり着いたのが、小さな古い教会でした。
中にはたくさんの蝋燭の光が揺れていて、そこに置いてあるノートにはパリへの、世界の平和への祈りがつづられていて、私も静かに祈りました。
そのとき誰かと悲しみを共有できたようで、ようやく顔をあげて町を歩くことができました。


今回、この展示のタイトルLumiereは光という意味です。
昨年秋に訪れたとき、DOORの空間に差し込む光と影の美しさがとても印象的だったこと、
そして教会のような気持が安らぐ場に感じたこと、

そのことと今回の旅での体験が結びついて、タイトルをLumiereと名付けました。

この展示で旅立ったモノが誰かの暮らしに光を灯すことになったらとてもうれしく思います。


 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others